スポンサード リンク

室内形態一覧表

主要室内形態一覧表
次車1次車2次車Y500系3次車4次車5408号5次車6次車
5000系の床色水色灰色
座席(詳細)3000系ベースE231系ベース
優先席(詳細)ポール無ポール有
消火器(詳細)低・出低(SUS筐体)
荷棚範囲(詳細)広い狭い
貫通扉自動閉(詳細)
戸当たり部マーキング
側引戸および貫通扉の化粧板
車額広告(詳細)
ラインデリアプラ金属・出金属未調査
その他室内形態一覧表
次車1次車2次車Y500系3次車4次車5408号5次車6次車
側窓キセ(詳細)つや無つや有つや無つや有
吊り手(詳細) 調査不足AA(橙B)B未調査
フリースペースの荷棚ボルト跡
貫通扉脇の手すり(詳細)普通長い
渡り板ステンレス鋼

5次車以降消火器がステンレス製に変更されている。5408号もステンレス製である。

車内配色

5000系は青系、5050系はパステル調、Y500系はライラック系の色調とされた。製造次車による変更点として5000系4次車以降と5409号では床色が5050系と同じ灰色に変更された。また、5050系4次車以降では貫通路かもい部が茶色に変更された。

渡り板

1~2次車・Y500系は鋼製製、3~5次車と5408号はステンレス鋼製とされている。5000系6扉車導入に伴う組み替えで片方が鋼製、片方がステンレス鋼製の渡り板となった貫通路も存在する。

腰掛下ヒーター

3次車以降と5408号では斜め吊りとして暖房効率を向上させた。

ラインデリア

1~3次車・Y500系ではプラスチック製でだったが、4次車以降および5408号はおそらく火災対策のため金属製となった。また4次車と5次車および5408号では形状が異なる。

車いすスペースおよびフリースペース

概要

編成中2両に車いすスペースが設置されている。設置車両は5000系(10両編成)は3・9号車、5050系・Y500系(8両編成)は2・7号車、5080系(6両編成)は2・5号車で位置は上り方海側車端である。

また、5000系についてはラッシュ時の混雑緩和を目的に、車いすスペースの設置されていない中間車(2・4~8号車)の上り方海側車端にフリースペースが設置された。このフリースペースの設置は2次車から行われたが、1次車についても2003年に設置されている。

車いすスペースとフリースペースは座席を撤去して空間確保している点では共通しているが、フリースペースは車いすの備え付けを考慮していないことから、壁掛け式ヒータ、非常通報器および窓下の手すりが設けられていない。

また、車いすスペースおよびフリースペースの設置されている中間車山側は優先席の設置位置でもあり、さらに優先席付近は携帯電話電源OFF区域とされている。これを受けフリースペースについては携帯電話電源OFF区域とされ、区域の明確化の策として壁面に帯状のオレンジ色のシール貼り付け、およびつり手のオレンジ色化が行われている。一方、車いすスペースについては携帯電話電源OFF区域の対象からは外されている。

設置車両
5000系5050系・Y500系5080系
1号車なしなしなし
2号車フリー車いす車いす
3号車車いすなしなし
4号車フリーなしなし
5号車フリーなし車いす
6号車フリーなしなし
7号車フリー車いす
8号車フリーなし
9号車車いす
10号車なし
相違点
車いすフリー
座席撤去
携帯電話電源OFF区域×
壁掛け式ヒータ×
非常通報器×
窓下の手すり×

窓上の取っ手

1次車は座席部分をフリースペースに改造したため荷棚の撤去跡が残っている。2~4次車は撤去跡はないものの車椅子スペースとフリースペースでは窓上の取っ手の設置位置および、点検口のふたの形状が異なる。5次車では車椅子スペース、フリースペース共通の新形態となった。

2次車では6扉車組み込みによる編成替えによって例外が存在し、フリースペースから車椅子スペースに改造された5905号の取っ手および点検口のふたはフリースペースの形態のままである。おそらく同様の組み替えが行われた5904号および5906号も同様の形態だと思われる。

また、逆に車椅子スペースからフリースペースに変更された5408号の取っ手および点検口のふたは車椅子スペースの形態のままである。これもおそらく5405号および5406号も同様の形態だと思われる。もっとも5408号については車体を新製していることから、なぜ車椅子スペースの形態のままであるかの理由ははっきりしない。

資料写真

上り方車端

参考

スポンサード リンク
スポンサード リンク