スポンサード リンク

8000系5本が5050系5本によって置き換えられた。また、8691Fが大井町線に転出した。

8007Fは6月10日に運用を離脱した後、臨時列車「伊豆のなつ号」に使用されることになり、7月24日まで同列車に使用された。留置場所は鷺沼で「伊豆のなつ号」運転日には鷺沼から回送された。

東横線8両編成

編成数一覧
形式2005年2月2005年11月
8000系105(-5)
8590系54(-1)
9000系1414
Y500系66
5050系38(+5)
3837(-1)
所要3535
+5編成内訳
編成回送着日営業開始
5154F2005-02-172005-03-03
5155F2005-03-042005-03-07
5156F2005-03-242005-03-30
5157F2005-05-242005-05-26
5158F2005-06-102005-06-13
-6編成内訳
編成最終営業回送発日
8031F2005-02-242005-02-24
8023F2005-03-042005-03-04
8021F2005-03-242005-03-24
8025F2005-05-232005-05-24
8007F2005-06-102005-06-10
8691F2005-08-272005-08-29

田園都市線10両編成

田園都市線の混雑感を緩和するため5000系に6扉車が導入されることになった。導入位置は渋谷駅の階段の位置から5号車と8号車の2両である。2月3日に既存の5000系である5104Fに6扉車2両を組み込み2月14日から営業運転を開始、9両で新製し5104Fから捻出した4扉車1両を組み込んだ5107Fが4月27日から営業運転を開始した。

5104Fは2004年10月3日に幸手駅付近で車に横から衝突され2両が長津田工場で修理、1両が東急車輛でほぼ作り直しとなった。このため当初は5106Fに組み込み予定だったと言われる6扉車を5104Fに組み込むことになった。

5107F投入により8603Fが5月4日の営業を最後に離脱した。

編成数一覧
形式2005年2月2005年11月
8500系3635(-1)
2000系33
5000系4扉65(-1)
5000系6扉02(+2)
4545
所要4343
+1編成内訳
編成営業開始
5107F2005-04-27
-1編成内訳
編成最終営業
8603F2005-05-04
5000系既存編成の6扉車組み込み
編成4扉最終営業6扉車組込(実施日)6扉営業開始
5104F2004-10-032005-02-032005-02-14

大井町線5両編成

8月9日に8003Fのパンタグラフがひし形のものに交換され、11月1日に離脱した。離脱後は8025Fの3両を組み込み8両としてインドネシアへ譲渡された。また、8003Fの替わりに8691Fが東横線から転入した。8691Fはシングルアームパンタグラフを搭載したが、これは8003Fを運用離脱前に菱形のパンタグラフに戻し捻出した発生品である。

編成数一覧
形式2005年2月2005年11月
8000系32(-1)
8090系1010
8500系44
8590系01(+1)
9000系11
1818
所要1616
+1編成内訳
編成営業開始
8691F2005-11-24
-1編成内訳
編成最終営業
8003F2005-11-01
スポンサード リンク
スポンサード リンク