スポンサード リンク

資料を付き合わせた結果の暫定的な解釈結果をまとめた。

番号1電動機1台車1車体1番号2電動機2台車2車体2新造廃止番号3車体3製造年電動機3備考
電動客車
1ウェスティングハウス12A 30馬力×2ブリル21E松井工場1900(M33)-11-22届1925-07-23廃認海岸1松井工場1900年30馬力×2
2ウェスティングハウス12A 30馬力×2ブリル21E松井工場1900(M33)-11-22届1925-07-23廃認海岸2松井工場1900年30馬力×2
3ウェスティングハウス12A 30馬力×2ブリル21E松井工場1900(M33)-11-22届
4ウェスティングハウス12A 30馬力×2ブリル21E松井工場1900(M33)-11-22届1926-07-01廃認
5ウェスティングハウス12A 30馬力×2ブリル21E松井工場1900(M33)-11-22届1926-07-01廃認
6ウェスティングハウス12A 30馬力×2ブリル21E松井工場1900(M33)-11-22届1925-07-23廃認海岸3松井工場1900年30馬力×2
1ウォーカー3S 25馬力×2ペックハム7B月島車輛製作所7同左同左松井工場1899(M32)-01-21届1925-07-23廃認海岸4松井工場1899年30馬力×2
2ウォーカー3S 25馬力×2ペックハム7B月島車輛製作所8同左同左松井工場1899(M32)-01-21届1926-07-01廃認
3芝浦GE1000 25馬力×2芝浦7B月島車輛製作所9同左同左松井工場1899(M32)-03-17届1925-07-23廃認海岸5松井工場1899年25馬力×2
4芝浦GE1000 25馬力×2芝浦7B月島車輛製作所10同左同左松井工場1899(M32)-05-15届1926-07-01廃認
11芝浦GE1000 25馬力×2芝浦7B東京機械製造1901(M34)1925-07-23廃認海岸6松井工場1899年25馬力×2
12芝浦GE1000 25馬力×2芝浦7B東京機械製造1901(M34)1926-07-01廃認
13GE800 25馬力×2ペックハム7B東京機械製造1902(M35)-05-29届1925-07-23廃認海岸7東京機械製造1902年25馬力×2
14GE800 25馬力×2ペックハム7B東京機械製造1902(M35)-05-29届1925-07-23廃認海岸8東京機械製造1902年25馬力×2
15GE800 25馬力×2ペックハム7B東京機械製造1902(M35)-05-29届
16GE800 25馬力×2ペックハム7B東京機械製造1902(M35)-05-29届1926-07-01廃認
17GE800 25馬力×2ペックハム7B東京機械製造1902(M35)-05-29届
18GE800 25馬力×2ペックハム7B東京機械製造1902(M35)-05-29届1925-07-23廃認海岸9東京機械製造1902年25馬力×2
19?アルゲマイネAB50 35馬力×2ヘルブランド東京機械製造1902(M35)1903(M36)?大倉組から試験使用
20?アルゲマイネAB50 35馬力×2ヘルブランド東京機械製造1902(M35)1903(M36)?大倉組から試験使用
19DK 25馬力×2ジョンバット東京機械製造1903(M36)?
7スプレーグ式 15馬力×1ブリルブリル21同左同左1899(M32)-06-20届1904(M37)?
付随客車
1ペックハム7B豊岡工場1同左同左1899(M32)-01-21届
2ペックハム7B豊岡工場2同左同左1899(M32)-01-21届
3松井工場旧3号1901(M34)-01-21届
4松井工場旧4号1901(M34)-01-21届
5松井工場月島車輛製作所1901(M33)-10-01届
6松井工場旧1号1901(M34)
7松井工場旧2号1901(M34)
8ブリルブリル8同左同左1899(M32)-06-20届1904(M37)?
9松井工場松井工場1901(M34)
10大塚工場大塚工場1902(M35)-12-19使用届
11大塚工場大塚工場1902(M35)-12-19使用届
12大塚工場大塚工場1902(M35)-12-19使用届
13大塚工場大塚工場1902(M35)-12-19使用届
14大塚工場大塚工場1902(M35)-12-19使用届
15大塚工場大塚工場1902(M35)-12-19使用届

大正2年度上半期(自大正元年12月1日 至大正2年5月31日) 第31回営業及決算報告書に「車両廃止届(小動車2台 付随車1台)」とある。

5号と11号の車体が振り返られた可能性がある。

路線開業表
年月日区間など距離
1899(M32)-01-21川崎(六郷橋)~大師 開業1哩10鎖
1899(M32)-11-29複線化
1901(M34)-02-01川崎(六郷橋)~大森 開業4哩70鎖
1902(M35)-06-28蒲田~穴守(旧) 開業1哩70鎖
1902(M35)-09-01川崎(六郷橋)~川崎 開業0哩50鎖
1903(M36)-08-17改軌着工
1904(M37)-03-01改軌竣功
1904(M37)-05-08八幡(海岸)~品川(八ツ山) 開業3哩21鎖
1905(M38)-12-24川崎~神奈川 開業6哩17鎖
1913(T02)-12-31穴守(旧)~穴守(新) 開業0哩43鎖

参考文献: 京浜電気鉄道株式会社沿革、京浜電気鉄道営業報告書(第3・11回)、京浜電気鉄道沿革史、京浜急行八十年史、京急クロスシート車の系譜、京浜急行車両70年史(鉄道ファン)、私鉄車両めぐり85(鉄道ピクトリアル)、台車のはなしⅥ(レイル)

スポンサード リンク
スポンサード リンク