名前プロパティまとめ

ダブリン・コア(基本要素・拡張要素)、RDFスキーマ、FOAF、SKOSの名前プロパティまとめ。

テスト語彙

  • 優先ラベル: TOQFAN テスト語彙
  • バージョン: 1.0 (2009-10-09)
  • 作成者: 矢口
  • 注釈型プロパティ: skos:prefLabeldcterms:creatordc:creatordcterms:identifier

クラス

優先ラベルコメント親クラス分離されているクラスTOQFAN ID
ya:RailCarowl:Class鉄道車両を表すクラス。7344
ya:RailCarSeriesowl:Class鉄道車両の系列を表すクラス。7345
ya:RailCarTypeowl:Class鉄道車両の形式を表すクラス。7346
ya:RailCarFormationowl:Class鉄道車両の編成を表すクラス。7347
ya:BasicConceptowl:Class基本概念を表すクラス。ya:RoleConceptya:RoleHolder7348
ya:RoleConceptowl:Classロール概念を表すクラス。ya:RoleHolder7349
ya:RoleHolderowl:Classロールホルダーを表すクラス。基本概念がロール概念を担うことによって生まれる。7350
ya:RoleConcept クラスの制約
  1. ya:dependOn プロパティの出現回数が1であること。
  2. ya:playedBy プロパティの出現回数が1以下であること。
  3. ya:heldBy プロパティの出現回数が1以下であること。
ya:RoleHolder クラスの制約
  1. ya:inheritFrom プロパティの出現回数が2であること。
  2. ya:inheritFrom プロパティの値が、少なくとも1つはya:RoleConceptであること。
  3. ya:inheritFrom プロパティの値が、少なくとも1つはya:BasicConceptであること。

プロパティ

優先ラベルコメント親プロパティ定義域値域反対のプロパティTOQFAN ID
ya:hasRailCarTypeowl:ObjectProperty鉄道車両の系列が持つ形式。ya:RailCarSeriesya:RailCarTypeya:isRailCarTypeOf7351
ya:isRailCarTypeOfowl:ObjectPropertyya:hasRailCarTypeの逆。ya:RailCarTypeya:RailCarSeriesya:hasRailCarType7352
ya:hasRailCarowl:ObjectProperty鉄道車両の形式が持つ鉄道車両。ya:RailCarTypeya:RailCarya:isRailCarOf7353
ya:isRailCarOfowl:ObjectPropertyya:hasRailCarの逆。ya:RailCarya:RailCarTypeya:hasRailCar7354
ya:railCarCodeowl:DatatypeProperty鉄道車両および鉄道車両の形式に与えられた記号。skosxl:Labelrdfs:Literal7355
ya:railCarNumberowl:DatatypeProperty鉄道車両および鉄道車両の形式に与えられた番号。skosxl:Labelrdfs:Literal7356
ya:dependOnowl:ObjectProperty主語ロール概念のコンテキストとなる基本概念。ya:RoleConcept7357
ya:playedByowl:ObjectProperty主語ロール概念を担う基本概念。ya:RoleConceptya:BasicConcept7358
ya:inheritFromowl:ObjectProperty主語ロールホルダが引き継ぐ概念(基本概念・ロール概念)ya:RoleHolder7359
ya:hasComponentowl:ObjectProperty主語基本概念を構成する要素。ya:BasicConcept7360
ya:hasStructuralComponentowl:ObjectProperty主語基本概念を構造的に構成する要素(ロール概念)。ya:RoleConcept7361
  • ya:DisplayName: 文書などに表示されている組織・人物名を表すクラス。
  • ya:hasAuthor: 作成者を表す。値域はrdf:List(そのさきはya:DisplayName)。
  • ya:hasPublisher: 公開者を表す。値域はrdf:List(そのさきはya:DisplayName)。
  • ya:authorAffiliation: 所属を表す。定義域はya:DisplayName、値域はrdfs:Literal。
  • ya:authorRole: 役割を表す(著、編、編著、監修など)。定義域はya:DisplayName、値域はrdfs:Literal。
  • ya:hasAgent: ya:DisplayNameで表示されている人物・組織を表す。値域はdcterms:Agent。
  • ya:note: 主語に関する付記を表す。値域はrdfs:Literal。

データ型

ya:TQID

  • 優先ラベル: ya:TQID
  • コメント: TOQFAN 独自のID。
  • 型: rdfs:Datatype
  • TOQFAN ID: 7362

国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述要素 エンコーディングスキーム一覧

詳細は、国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述要素(DC-NDL)について | 国立国会図書館-National Diet Libraryを参照。

名前空間は http://ndl.go.jp/dcndl/terms/

QName表示名定義
dcndl:BSHBSH基本件名標目表
dcndl:DOIDOIDigital Object Identifier
dcndl:ISBNISBNInternational Standard Book Namber:国際標準図書番号
dcndl:ISSNISSNInternational Standard Serial Number:国際標準逐次刊行物番号
dcndl:JISX0304JIS X 0304国名コード
dcndl:JISX0401JIS X 0401都道府県コード
dcndl:JPNOJPNO日本全国書誌番号(JP 番号)
dcndl:NDCNDC日本十進分類法
dcndl:NDLCNDLC国立国会図書館分類表
dcndl:NDLNHNDLNH国立国会図書館名称標目(個人名、団体名などの固有名標目)
dcndl:NDLSHNDLSH国立国会図書館件名標目(普通件名)
dcndl:NDLTypeNDL TypeNDL タイプ
dcndl:NIISubjectNII Subject国立情報学研究所メタデータ主題語彙集
dcndl:NITypeNII Type国立情報学研究所メタデータ主題語彙集(資源タイプ)
dcndl:SICISICISerial Item and Contributor Identifier

セマンティック・ウェブ リンク集

全般

スキーマ解説

RDF(rdf) http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
RDF — リソース表現のフレームワーク
RDFスキーマ(rdfs) http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
RDFスキーマ — リソース表現の語彙定義
OWL(owl) http://www.w3.org/2002/07/owl#
ウェブのオントロジー言語OWL — ウェブに存在するものとその関係の定義
XMLスキーマ(xsd) http://www.w3.org/2001/XMLSchema#
@IT:XMLフロンティア探訪(13) よく利用されるXML Schemaのデータ型(前編)
ダブリン・コア(dc) http://purl.org/dc/elements/1.1/
ダブリン・コア 拡張プロパティ(dcterms) http://purl.org/dc/terms/
Dublin Core(ダブリン・コア): ウェブ資源メタデータの共通語彙
新ダブリン・コア(dcterms) http://purl.org/dc/terms/
DCプロパティと定義域、値域一覧
DC-NDL(dcndl) http://ndl.go.jp/dcndl/terms/
国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述要素(DC-NDL)について | 国立国会図書館-National Diet Library
FOAF(foaf) http://xmlns.com/foaf/0.1/
FOAF — メタデータによる知人ネットワークの表現
SKOS(skos) http://www.w3.org/2004/02/skos/core#
SKOSリファレンス
PRISM(prism) http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.0/
PRISM (セマンティック・ウェブのコンシェルジュ)
XHTML Vocabulary(vocab) http://www.w3.org/1999/xhtml/vocab#

フォーマット解説

RDF/XML(XMLでRDFを表現するフォーマット)
RDF/XML構文の簡単な説明
Turtle(N-Tripleを拡張したフォーマット(Notation3のように@prefixが使える))
ちょっとしたメモ – もうひとつのRDF構文:Turtle
RDFa
メタ情報をXHTMLに埋め込むRDFa | Web標準Blog | ミツエーリンクス

RDF 意味論

データチェック・加工サービス

その他

図書

いくつかのWordPressプラグインを簡単に紹介

使ったことのあるいくつかのプラグインをメモ代わりに簡単に紹介します。

Google XML Sitemaps
サイトマップを生成。セーフモードの場合はあらかじめ空ファイルを作成する必要がある。
Header and Footer
ヘッダーとフッターに任意のコードを出力。
MaxBlogPress Ping Optimizer
ブログ更新時のPing送信を抑制。デフォルトでは記事の修正でもPing送信されてしまう。登録が必要だが広告メールが配信されうるさい。
Post-to-Post Links II
[p2p type=”id” value=”★投稿ID★”]から<a href=”★パーマリンク★”>★タイトル★</a>へ変換するショートコード。
PS Disable Auto Formatting
p要素とbr要素が自動的に付加される機能をオフにする。
Redirection
管理画面からリダイレクトを設定。ログ機能もある。
WodrdPress Database Backup
DBをバックアップ。定期的にメールでバックアップをとることができる。一時ファイルを生成するため、セーフモードの場合は特定のフォルダーのパーミッションを変更する必要がある。
WP Multibyte Patch
マルチバイト環境の不具合を修正。
WP Super Cache

ページをキャッシュする。Super Cache機能を使う場合は、基本的セーフモードを解除する必要がある。このブログではindex.phpとwp-admin/options-general.phpのセーフモードを解除して動かしている。パーマリンク入っているスラッシュが少なければセーフモードを解除せずにすむ模様(WP Super Cache | bamboo.tk参照)。

デフォルトの設定だと記事を修正してもキャッシュが更新されないため修正の確認がしにくいが、「Don’t cache pages for logged in users.」にチェックを入れればログインユーザーへのキャッシュが無効になり確認しやすくなる

WP Super Cache使用時の.htaccessの書き方(サブディレクトリにWordPressを配置した場合)

WP Super CacheのSuper Cache機能は.htaccessファイルを使用して、PHPを介することなくHTTPレスポンスを返します。

通常はWP Super Cacheによって.htaccessファイルが自動的に作成されるようですが、私の環境ではなぜか作成されませんでした。

また、WordPressをサブディレクトリに配置したため、一般的な例そのままでは動きませんでした。

わかってしまえば全く難しくないことですが、.htaccessファイルの書き方を載せておきます。

WP Super Cacheバージョンアップにより古い書き方になりました。デフォルト(自動書き込み)を利用してください。


<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /★
AddDefaultCharset UTF-8
RewriteCond %{REQUEST_METHOD} !=POST
RewriteCond %{QUERY_STRING} !.*=.*
RewriteCond %{HTTP:Cookie} !^.*(comment_author_|wordpress|wp-postpass_).*$
RewriteCond %{HTTP_user_agent} !^.*(Android|2.0\ MMP|240x320|AvantGo|BlackBerry|Blazer|Cellphone|Danger|DoCoMo|Elaine/3.0|EudoraWeb|hiptop|IEMobile|iPhone|iPod|KYOCERA/WX310K|LG/U990|MIDP-2.0|MMEF20|MOT-V|NetFront|Newt|Nintendo\ Wii|Nitro|Nokia|Opera\ Mini|Palm|Playstation\ Portable|portalmmm|Proxinet|ProxiNet|SHARP-TQ-GX10|Small|SonyEricsson|Symbian\ OS|SymbianOS|TS21i-10|UP.Browser|UP.Link|Windows\ CE|WinWAP).*
RewriteCond %{HTTP:Accept-Encoding} gzip
RewriteCond %{DOCUMENT_ROOT}/★/wp-content/cache/supercache/%{HTTP_HOST}/★/$1/index.html.gz -f
RewriteRule ^(.*) wp-content/cache/supercache/%{HTTP_HOST}/★/$1/index.html.gz [L]

RewriteCond %{REQUEST_METHOD} !=POST
RewriteCond %{QUERY_STRING} !.*=.*
RewriteCond %{HTTP:Cookie} !^.*(comment_author_|wordpress|wp-postpass_).*$
RewriteCond %{HTTP_user_agent} !^.*(Android|2.0\ MMP|240x320|AvantGo|BlackBerry|Blazer|Cellphone|Danger|DoCoMo|Elaine/3.0|EudoraWeb|hiptop|IEMobile|iPhone|iPod|KYOCERA/WX310K|LG/U990|MIDP-2.0|MMEF20|MOT-V|NetFront|Newt|Nintendo\ Wii|Nitro|Nokia|Opera\ Mini|Palm|Playstation\ Portable|portalmmm|Proxinet|ProxiNet|SHARP-TQ-GX10|Small|SonyEricsson|Symbian\ OS|SymbianOS|TS21i-10|UP.Browser|UP.Link|Windows\ CE|WinWAP).*
RewriteCond %{DOCUMENT_ROOT}/★/wp-content/cache/supercache/%{HTTP_HOST}/★/$1/index.html -f
RewriteRule ^(.*) wp-content/cache/supercache/%{HTTP_HOST}/★/$1/index.html [L]
</IfModule>

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /★
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . index.php [L]
</IfModule>

★をサブディレクトリに置き換えてください。このブログの場合すべて ” blog2 ” で置き換えています。

CiNiiの論文URIからWikipediaのCitationテンプレートを生成

CiNiiの論文詳細表示画面のURI(パーマリンク)またはNII論文IDから、WikipediaCitationテンプレートを生成します。

データはCiNiiのRDFAPIからAjaxを用いて取得します。